Welcome to "Saori-San-Chi"

Hello, Koko ha saori-san-chi-desu yo.
Konobun syou made yonde kurete arigatou gozai masu
tano sinde itte kudasai ne.

04

【あつ森:015】「タダで橋を架けられるなんてお得ですね!」

あつ森15 (1)


もしもし、たぬき開発の たぬ……


朝の放送中に「こんな時にかけてきやがりまして」なカンジで電話に出るたぬさん。

電話をしていると、すぐに顔色がわり、この様子。

素が出るほどの内容らしいですが……。







あつ森15 (2)


そんでもってこの態度の変わりよう!

新しいカモ……いえ、お客様を確保したみたいです。


あつ森15 (3)


早速詳細を聞きに行くと、いっきに3人押し寄せたとか!

たぶんその中には、この前旅行先で声をかけたももこさんもいらっしゃるのでしょう。


関連記事:


いやあ、調子いいじゃないですか、たぬ社長!


あつ森15 (4)


どうやらその三人はテント暮らしがちょっと嫌だったそうで。

これをアイリスさんとハムスケさんが聞いたらおそらく一瞬固まりますぜ。




あつ森15 (5)


ともかく、またたぬ社長のパシ……いえ、

お手伝いとして三件分の家の確保と島の整備をすることに。



あつ森15 (6)


まずは橋を建てます。


あつ森15 (7)


テントの時と違ってキットから作ります。


あつ森15 (8)


そして場所を決めたらあとは待つだけ!タダで橋を架けられるなんてお得ですね!

今までは最初からあったのでは?とか感覚のマヒだとかなんて思っちゃダメ。


あつ森15 (9)


さらに、三件分のおうちの場所も決めます。

たぬ社長の破壊的センスで家の位置を決めるのはやめたみたいですね。


あつ森15 (10)


そしてさらに追加注文。

ええい、もうなんでもやったらぁ!



あつ森15 (11)


雑草も木も勝手にお掃除してくれるのでガンガン無視して建ててきます。


あつ森15 (12)


そして一号地決定!


あつ森15 (13)


続けて二号地……というところで、

「家具の用意として必要な花のリースを作るために材料の花を崖の上からとってくるといい」

というアドバイスとともにはしごのレシピを頂きました。



スマホのおかげでたぬ社長はわざわざこっちに渡しに来なくてもいいのですから楽ですわな。

耳をすませば、パターの音が聞こえてくるかもしれませんね

(※聞こえません)



あつ森15 (14)


はしごを早速作ります。

フータさんより頂いたたかとびぼうのレシピから作ったソレと合わせて、

島を一周するのに必要な道具がそろいました。

関連記事:




あつ森15 (15)



たかとびぼうを頂いて、初めて使ったにも思っていたのですが……



最初は川すら渡れなくて狭いなと思いながらも、

一日で慣れて十分な広さ(感覚のマヒ)だなと満足していたのですが……。

いざ活動範囲が一気に増えるのを感じるとすごくわくわくするし、

「世界は広いなあ……」ってすごく充実した気持ちになりました。

(いや、島なんですよな)



壁の向こう側を知った主人公ってこんな気持ちなんだろうなあ。



あつ森15 (16)


高いところに上って、針葉樹を揺らす風を胸いっぱいに吸ったときなんて、

この世界を支配したんじゃないかとさえ思いました。

(いや、島なんですよな)


あつ森15 (17)


島に浸りつつも、三か所のおうちの場所を決定!

3人同時にいらっしゃるということで、分譲住宅をイメージして並べてみました!


既にちょっとだけ進めちゃってますが、

次回は新たな移住民さんのための家具づくりをしていきますよ!

ももこさんと、あと二人、誰が来るか楽しみですね!





関連記事
いいなって思ったら拍手よろしくです!元気になるし、そういう記事が今後増えるかも

0Comments